メガネ ロービジョン VISION SUPPORT(ビジョンサポート)

 

 

 

 

日常生活用具 補装具購入について

給付制度を利用するには

1.身障者手帳をお持ちでない方

身障者手帳を申請します

  1. 身体障害者手帳は、身体に障害のある人が、舗装具や
    日常生活用具の交付・貸与その他いろいろな障害福祉サービスを
    利用するために必要な手帳です。
  2. 身体障害者手帳は、障害の程度によって1級〜6級まで
    区分されます(視覚障害者等級を参照)
  3. 申請には申請書、都道府県知事の指定を受けた医師の診断書、
    写真、印鑑が必要です。

※手帳の交付には費用はかかりません。

窓口

 

移住地の市区町村の福祉事務所(役所内の障害者福祉担当窓口)


用意するもの

 

*指定医師による診断書
*指定医師によ身体障害者診断書、意見書
*身体障害者手帳交付申請書
*1年以内撮影の本人の写真2枚
(縦4cm×横3cm)上半身のもの
*印鑑


手帳取得後、上記2の手続きを行う


視覚障害者程度等級表

 

1級
両眼視力(万国式試視力表によって測ったものをいい、屈折異常の
あるものについては矯正視力についてはかったものをいう。
以下同じ)0.01以下のもの。
2級
  1. 両眼の視力の和が0.02以上、0.04以下のもの
  2. 両眼の視力の和がそれぞれ10度以内でかつ両眼による
    視野について視能率による損 失率が90%以上のもの。
3級
  1. 両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
  2. 両眼の視力の和がそれぞれ10度以内でかつ両眼による
    視野について、視能率による損失率が90%以上のもの。
4級
  1. 両眼の視力の和が0.09以上0.12以下のもの
  2. 両眼の視野がそれぞれ10度以内のもの。
5級
  1. 両眼の視力の和が0.13以上0.2以下のもの
  2. 両眼の視野が2分の1以上が欠けているもの
6級
一眼の視力0.02以下、たがんの視力が0.6以下のもで、
両眼の視力の和が0.2を超えるもの。

 

2.身障者手帳をお持ちの方

  1. 住民票のある福祉事務所に下記の書類を提出する。
    • 販売会社の見積書
    • 前年度を所得を証明するもの
    • 購入機種のカタログ
  2. 市区町村の福祉事務所へ行き専用用紙に販売会社の
    見積書を添付して、申請を行います

※補装具に関しては、医師の意見書当が必要になります。

窓口

 

移住地の市区町村の福祉事務所

(役所内の障害者福祉担当窓口)


  1. 申請が許可された後に日常生活用具交付券を本人が
    受け取ります。(\198,000)
  2. 給付券を持って、当店へお越しいただき申請した希望商品を
    受取ります。(自宅への設置もいたします)

詳しい内容は福祉事務所でご確認ください。


注)前年度の所得により1割程度の自己負担が発生する場合がございます。
その際には差額分を販売業者に支払うことになります


注)地方自治体により給付されるかたの等級制限、給付金額の差が
有る場合がございます購入前に福祉事務所にてご相談されることを
おすすめします。


身体障害者手帳を取得できない方

すべて自己負担になります



上記は平成18年10月以前に適用されていたものです。
平成18年10月以降は法改正により各自治体によって対応が
異なりますので、詳しくは管轄の自治体にお問い合わせください。