メガネ ロービジョン VISION SUPPORT(ビジョンサポート)

 

 

 

 

ルーペ選び方

  1. 使用目的を考えます
    ルーペで何を見るかを決めます
  2. ルーペの倍率を決めます
    メガネで矯正した上で決めるのが基本
  3. ルーペのデザイン・タイプを選びます
    手持ち・携帯・スタンド式

※使用目的を満たす最低倍率を選ぶのがポイント

見るものの大きさで決める場合

大きい文字を見る

レンズ径は大きく

低倍率を選びます

ピントも合いやすく両眼で使える

小さい文字を見る

レンズ径は小さく

高倍率を選びます

ルーペに近づけて使用します

 

使用目的コメント

ルーペ 倍率 お奨め コメント
本や新聞を見る 1.5〜3倍 倍率が低いとルーペから眼を離して使うので、楽な姿勢が保て広い範囲で拡大して見られます
小さいもの観察 5〜20倍 高倍率のルーペを使うと目とルーペの間隔、ルーペと見える物の間隔が狭くなります。離しすぎると拡大像が逆になることも注意。
外出先で使用
値札やメニュー
3.5倍 3.5倍が幅広く使えて便利。バッグにも入り携帯しやすいデザインになっています。
屋内や作業
デスクで使用
2〜2.8倍 置き型ルーペは,見たいものとルーペとの間隔が一定になるので焦点合わせの煩わしさが無く便利。照明付のタイプは書見台と併せて使用すると便利。
両手を使って
作業したい
1.7〜4倍 ラボシリーズが便利、効果的に拡大像が得られます。眼鏡式やヘッドハンド式などございます。