メガネ ロービジョン VISION SUPPORT(ビジョンサポート)

 

 

 

 

遮光眼鏡とは?

遮光眼鏡はまぶしさの要因となる、500nm(ナノメートル)以下の波長光をカットしそれ以外の光を出来るだけ多く通すように作られた医療用レンズです。


ぼやけてしまう物体の輪郭を、眩しさを取り除くことでくっきりさせ、コントラストを高めます。商品名はCCP CCP400 CCG(ガラス)と言います。

普通のサングラスとの違いは?

一般のサングラスはすべての範囲での光をカットしますが、遮光眼鏡は眩しさの原因となる光をカットすることで、通常のサングラスより眩しくなく、また明るく自然な視界を確保できます。

CCPとCCP400の違いは?

眩しさの原因となる500nm以下の波長を完全にカットするのがCCPです。またCCP400は400nm以下の波長を完全にカットし、400〜500nm以下の波長光を若干透過させる代わりに、より自然なレンズ色であり室内でも視界の明るさを確保できるようになっています。

どれを選べばいいですか?

この二つに関しては、実際に装用してみてお客様の「目が最も楽な」レンズをお選びいただくことをお勧めします。

CCPは500nm以下の波長を完全にカットするため眩しさを抑える効果高いですが色目が濃くまた室内では、若干視界が暗くなります。CCP400は400〜500nmの波長光を若干透過させる代わりに、より自然なレンズ色であり室内でも視界の明るさを確保できるようになっております。

どのよう方に有効なのか?

遮光眼鏡は、網膜色素変性症により眩しさの緩和を目的につくられました。

現在では、眩しさを感じるすべての方々に有効にご利用いただける商品として提供しております。

カラーの選びかたは?

カラーは全19色ですが、疾患別の適応カラー指定はなく、遮光眼鏡の選定方法は患者様の自覚検査によって行われます。理由としては、患者さまにより、眩しさや見え方が違うことがあげられます。
当店では1週間程度のレンタルをして実際の生活の中でお試しいただいた上で決定されることをお勧めしています。

ご注意頂きたい点

眩しさ、ぎらつきの原因となる青色光線を抑える機能により、信号を誤認する危険性があるなどカラーにより昼間でも運転に適さないもの、夜間や薄暗い場所など運転に適さないものもございます。