メガネ ロービジョン VISION SUPPORT(ビジョンサポート)

 

 

 

 

遮光眼鏡(補装具)に関する手順

1.患者
患者は身体障害者手帳を持参する。
(お持ちで無い方は申請が必要になります)
2.福祉事務所
最寄の福祉事務所で判定依頼書を受け取る
3.眼鏡店
福祉事務所と契約のある眼鏡店に行き見積書を作成してもらう。
4.身障者更生相談所 または 眼科
身障者更生相談所に行き判定書を提出、補装具の補助の判定を
受け取る。
5.福祉事務所
再度、福祉事務所へ行き補装具交付券を受け取る。
※郵送されるケースもある。
6.眼鏡店
交付券をご提出頂き、遮光眼鏡を作成する(処方箋持参)
7患者
遮光眼鏡が出来上がったらお受け取り下さい。(受領印が必要)

遮光眼鏡に関する補助

対象疾患
手帳をお持ちの方はすべての病名に対して適用されるようになりました。
※平成25年4月より特定疾患(網膜色素変性症・加齢黄班変性症・視神経症など)の方は 身体障害者手帳をお持ちでなくても補装具の支給対象になりました。
基準条件
レンズ(プラスティック・ガラス)フレーム(セルロイド)
補助金額
前掛式 \21,500
6D未満 \30,000
6D以上10D未満 \30,000
乱視付 * プラス \4,200
*上記は平成18年10月以前に適用されていたものです 平成18年10月以降は法改正により、各自治体によって対応が異なりますので、管轄の自治体にお問い合わせください。